もの忘れ?認知症?
違いと特徴を解説

もの忘れと認知症は何が違うのでしょうか。その違いや見分け方、改善するためにできることを紹介します。

2020年9月1日

「認知症」?「もの忘れ」?
どうやって見分けるの?

忘れたことを忘れているのが「認知症」

認知症によるもの忘れの大きな特徴は、もの忘れの自覚がないことです。体験したこと全部を忘れてしまい、自分が忘れているということもわからなくなります。記憶は「覚える→キープする→思い出す」の3ステップからなっていますが、認知症の場合は“覚える力”が衰えるため体験したことを忘れてしまいます。体験したこと自体を忘れているので、体験したことを思い出すヒントを与えたとしても思い出すことはできません。認知症が進行すると自分の年齢や住んでいる場所がわからなくなるなど日常生活にも支障をきたします。

忘れたことを覚えているのが「もの忘れ」

加齢によるもの忘れは、認知症によるもの忘れと違って忘れたという自覚があります。記憶の3ステップ「覚える→キープする→思い出す」の“思い出す力”が衰えることでもの忘れを引き起こします。認知症の場合と異なり、体験したことの一部を忘れても体験そのものは覚えているため、忘れたことに関するヒントがあれば思い出すことができます。年齢とともに脳の機能は低下するため、どんな方でもうっかり忘れるなどのもの忘れは自然な老化現象だと考えられます。

老化による「もの忘れ」と「認知症」の
症状の違いは?

認知症によるもの忘れと、加齢によるもの忘れは症状が異なります。以下が、それぞれによく見られる症状です。

【認知症によるもの忘れの症状】

●何度も同じ話を繰り返す
●食事をしたことを覚えていない
●約束したことを覚えていない
●物をしまったことを忘れて盗まれたと言う
●買い物へ行ったことを忘れて同じものばかり買ってくる

【老化によるもの忘れの症状】

●知っている芸能人の名前が思い出せない
●食事の献立を思い出せない
●約束をうっかり忘れ、後で気付く
●物をどこにしまったか忘れて探す
●買おうと思っていたものをうっかり買い忘れる

認知症によるもの忘れの症状にあてはまる場合でもそれが認知症によるものかどうかはわかりません。気になる症状がある場合は、病院で検査を受け医師の判断を仰ぎましょう。

「もの忘れ」を加速させるものは?
改善するためにできること

もの忘れを加速させる原因として考えられるのが生活習慣です。高血圧や糖尿病などの生活習慣病にかかっているともの忘れが悪化するリスクが高いと言われています。加齢は止めることはできませんが、生活習慣の改善は誰にでもできます。もの忘れの加速を防ぐために生活習慣をみなおしましょう。 まずは以下のできることからやってみませんか。

●適度な運動をする

ウォーキングなどの適度な運動をすることは生活習慣病の発症リスクを低くするだけではなく、血流がよくなり脳の活性化にもつながります。歩きながら計算するなど同時に2つのことを行うと、より脳が活性化され認知症予防につながると言われています。

●バランスの良い食事を摂る

健康的な食生活を心掛けましょう。偏った食生活は生活習慣病になりやすいとされています。糖質、塩分を控えめにしてたんぱく質、ビタミン、ミネラルなどを補う栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。もの忘れ予防に効果的とされている栄養素を含む食事をご紹介します。

・青魚
さば、いわし、さんまなどの青魚にはEPAやDHAが多く含まれています。EPAは血液をサラサラに、DHAは脳の働きをよくするといわれています。

・緑黄色野菜、果物、ナッツ類
ビタミンを多く含み、抗酸化作用などから脳の老化を阻止するといれています。

・緑茶、赤ワイン
緑茶やワインに含まれるカテキンやポリフェノールは、脳の神経を保護するといわれています。

●趣味や習い事を楽しむ

読書や音楽、写真、旅行など、好きな趣味を楽しみましょう。ガーデニングや手芸、将棋など、考えたり手や指を使う趣味は脳の多くの機能を使うため認知機能の低下を防ぎます。楽しんで取り組める趣味を始めてみましょう。

●コミュニケーションをとる

人と会話するとき、脳はたくさんの機能を使い働きが活発になります。家族や友人などと話すことで、楽しさや生きがいを感じ、脳にも好影響を与えストレスの解消にもつながります。地域のコミュニティへの参加、興味のあるイベントへの参加など、日頃から人との関わりを持つことが大切です。家族が遠方に住んでいる場合は、定期的に電話などで日常的なコミュニケーションをとりましょう。

●睡眠をしっかりとる

しっかりと質の良い睡眠をとることで、認知機能の低下を防ぎましょう。睡眠不足だと感じている場合は、寝る時間を1時間早めてみましょう。なかなか寝付けない場合は寝る前の過ごし方と起きてからの行動を見直してみましょう。

<睡眠の質を高めるポイント>
・就寝の1〜2時間前に入浴する
就寝の1〜2時間前に入浴し、お風呂で上がった深部体温を下げてから布団に入ると眠りやすくなります。

・眠りやすい環境を整える
就寝前は、リビングや寝室の照明を優しい光にしましょう。蛍光灯やテレビ、スマートフォンなどのまぶしい光は脳を刺激するため眠りにくくなります。照明を少し暗めにし、好きな音楽を聴くなどしてリラックスできる環境を整えましょう。

・朝起きて太陽の光を浴びる
太陽の光を浴びることによって分泌されるセロトニンが夜に眠くなるために必要なメラトニンを作る材料となります。日中に太陽光をしっかり浴び、夜に自然と眠くなるサイクルを作りましょう。外出が難しい場合は、日当たりのよい窓際で過ごすのもよいでしょう。

もしかして「認知症」?
少しでも疑いがある場合は早期の受診を!

認知症は、早期発見が大切です。認知症の原因やタイプによっては進行を遅らせたり、適切なケアによって改善することもできます。
認知症の方は忘れているという自覚がないので周囲の人が初期症状に気づいてあげられるよう普段から様子をみてあげましょう。
認知症の症状が進行するまでは、初期の認知症と老化によるもの忘れの区別が難しいことがありますので、心配な場合は早めに病院で検査をしましょう。受診の際は、家族や周囲の人が付き添い医師に普段の症状を伝えると診断の参考になります。どのような症状が気になるか、いつ頃症状が現れたかなど、あらかじめノートやメモに書き留めて整理しておくことをおすすめします。

以下の症状がいくつか見られる場合は認知症の可能性があるためかかりつけの医師または専門医に相談しましょう。

【認知症によく見られる症状】

・同じことを何度も聞いたり話したりする
・置き忘れや片付けたことを忘れ、常に探し物をしている
・ついさっき電話で話した相手の名前がわからない
・財布を盗まれたなどと人を疑うことがある
・料理、計算、運転などのミスが目立つ
・テレビを見ても内容が理解できない
・ 約束をすっぽかす
・今日が何月何日かわからない
・近所でも迷子になることがある
・ささいなことで怒りっぽくなった
・趣味や日課に興味を示さなくなった
・やる気がなく、だらしなくなった

※上記の症状はあくまでも参考であり、医学的診断基準ではありません。