• Home
  • 介護お役立ちコラム
  • 認知症の予防にゲームは効果はあるの?アプリやクイズなど、おすすめのゲームも紹介!

認知症の予防にゲームは効果はあるの?アプリやクイズなど、おすすめのゲームも紹介!

認知症の予防に効果があると言われるゲーム。どのようなゲームに効果があるのかなど認知症とゲームについてご紹介します。

2021年12月27日

認知症の予防に
ゲームは効果あるの?


クイズやパズル、テレビゲームなど様々なゲームは認知症に効果があると言われています。では具体的にどのような効果が期待できるのかをみていきましょう。

【効果1】脳を活性化することが期待できる


ゲームを楽しんでいるときは、ルールを考えながら身体や手先を動かします。これによって脳が刺激され脳の働きが活性化されます。特に囲碁や将棋、トランプなど相手と対戦するゲームの場合は、相手の出方を予想する、数手先のことまで考えるなど脳を使うことが多くなるので脳の活性化が期待できます。

【効果2】身体機能や認知機能の向上を期待できる


認知機能を高めるために、身体を動かすゲームが効果的です。ゲームを通じて楽しみながら身体を動かすことで、脳が刺激されて認知機能が向上し、認知症の予防につながることが期待できます。適度な運動によって身体機能も高めることもできるので、転倒リスクの軽減や、ケガをした場合の早期回復も期待できます。

【効果3】他の人とのコミュニケーションを取り認知症予防


ゲームに参加することで、他の人とコミュニケーションを取る機会を作ることができます。加齢とともに身体を動かすことが億劫になり、外出する機会が減ります。そのため他の人とのつながりや交流も減ってしまう傾向にあります。コミュニケーションの減少は、認知症を進行させる原因のひとつとも言われているため、ゲームを通じて他の人たちと交流することで、認知症予防への効果が期待できるでしょう。

【効果4】生活にメリハリが出て、活力が生まれることで認知症予防


ゲームを行うことによって、普段の生活ではあまり味わうことのない達成感や満足感を得ることができ、生活にメリハリが出てくるでしょう。もう一度ゲームをやりたいという意欲が湧いてくるなど、生きる活力にもつながり、積極的に認知症予防に取り組むきっかけにもなります。

認知症の予防に
ゲームアプリは効果あるの?


最近では当たり前のように行われているスマホやタブレットなどでのゲームアプリは認知症の予防に効果があるのでしょうか?物忘れや思考力の低下、感情の抑制ができないといった認知症の症状は、脳の司令塔とも呼ばれる前頭前野の機能が衰えることで現れると考えられています。スマホやタブレットで楽しめるゲームアプリは、目標物を目で追う、指を動かしながら考えるなどの作業が必要となります。このような作業は前頭前野の機能維持につながると言われ、認知症予防への効果が期待できるでしょう。ただし目の疲れ等にもつながるため長時間のゲームを行うなどには注意しましょう。

認知症の予防におすすめの
ゲームはどんな特徴がある?


認知症の予防に効果的とされるおすすめのゲームをいくつかご紹介します。

(1)他人と対戦、交流できるゲーム


囲碁、将棋やトランプなど相手と対戦するゲーム、チームになって仲間と協力するゲームは、脳に刺激を与えるだけでなく、コミュニケーションによっても脳が活性化されるため、認知症予防に効果的です。ゲームを一緒に楽しめる友人が身近にいない場合は、地域の公民館などで行われている趣味のサークル活動や教室などに通ってみるのもおすすめです。

(2)身体を動かして楽しむゲーム


身体を動かして楽しむゲームは、頭で考え、そして身体を動かすという2つの動作を同時に行うので、より脳が活性化されて認知症の予防につながります。身体機能の維持・向上にも効果的で、転倒などのケガ防止にもつながるでしょう。全身を動かすことが難しい場合は、座ったままでも行えるゲームや、じゃんけんなど手先と頭の両方を使うゲームを行って、認知機能の維持を目指すのがおすすめです。

(3)新しい挑戦のあるゲーム


得意なゲームやお気に入りのゲームも認知症予防に効果的ではありますが、これまでやったことのない新しいゲームに挑戦してみるのもおすすめです。年を重ねるごとに、新たなことにチャレンジするのが億劫になりがちですが、未経験のことに挑戦してみることで脳によい刺激を与え、認知機能の維持・向上が期待できます。

(4)脳の処理速度を超えるようなゲーム


アクションゲームのような脳の処理速度を超えるようなゲームは、注意力やとっさの反応が求められるため、日常生活でも注意力が向上するなど認知症予防に効果的であると言われています。

(5)続けられるゲーム


認知機能の低下を抑えるためには、たまにゲームをする程度では効果的とは言えません。可能であれば毎日、難しければ週に何度かゲームをする日を決めておき、継続して行うことが大切です。あまりに簡単すぎるゲームだと飽きてしまいますし、反対に難しすぎてもやめたくなってしまうことが考えられるので、楽しみながらコツコツ続けられるゲームを見つけてみましょう。

認知症の予防効果が
期待できるのはどんなゲーム?


認知症の予防効果が期待できるのは、一体どのようなゲームなのでしょうか?

【効果のあるゲーム】アクションゲーム(ゲームアプリやテレビゲームなど)


前述したとおり、テレビゲームやアプリでできるアクションゲームは、認知症予防に効果的と言われています。アクションゲームは、視覚的な情報を脳ですぐに処理して指を動かすことが必要となるため、認知機能の維持・向上につながると考えられています。

【効果のあるゲーム】クイズゲーム


頭を使うクイズは、認知症の予防や症状の進行をゆるやかにするために、介護施設のレクリエーションとしてよく取り入れられています。漢字クイズや都道府県クイズなど、楽しみながらできるクイズがおすすめです。書店にあるクイズ関連の本の購入、無料のクイズアプリの利用などで、認知症予防に取り組んでみましょう。

【効果のあるゲーム】パズルゲーム


パズルゲームは、色の判別や記憶力、空間把握力などが求められるため、脳を活性化させるのによいと言われています。ジグソーパズルをはめる際に指先を使うことで、脳が刺激されて認知症の予防効果が期待できます。ジグソーパズルだけではなく、クロスワードパズルや立体パズルもおすすめです。無料で楽しめる様々な種類のパズルアプリがあるので、スマホやタブレットにインストールして楽しんでみるのもよいでしょう。

【効果のあるゲーム】レクリエーションやスポーツのゲーム


テニスやグラウンドゴルフなどのスポーツは、身体を動かしながら頭で考え、他の人とコミュニケーションを取るので、認知症予防につながると言われています。介護施設で行われるレクリエーションでは、うちわテニスや風船バレーなど、身近にある道具で誰でも簡単にできるようにアレンジされたスポーツゲームもたくさん行われています。

―レクリエーションについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください―
▶ 「デイサービスのレクリエーション代表例15選!盛り上がるレクのコツも解説」

―認知症の方向けのレクリエーションについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください―
▶ 「認知症の方向けのレクリエーションとその効果」

ゲームを認知症予防で
取り入れる際に注意すべき
ポイントは?


■ポイント1)ほどよいレベル設定にする
ゲームの内容があまりにも簡単すぎると飽きてしまいますし、バカにされているのではないかと感じ自尊心を傷つけてしまう恐れがあるので注意しましょう。反対に難しすぎる内容だと、うまくできないことに自信を失くしてしまうこともあるため、ほどよいレベル設定で行いましょう。

■ポイント2)無理なく参加できる内容にする
身体状況や好みなどを考慮して、無理なく参加できる内容のゲームを行いましょう。昔からの趣味に関するゲーム、特技を生かせるゲームなど、興味を持ってもらいやすい内容で、自然と楽しめるような工夫をしましょう。

■ポイント3)安全に配慮する
ゲーム中に転倒やケガがないように、安全に配慮しましょう。周りに危険なものはないか、顔色や様子に異変はないかなど、ゲームを行っている最中にも気を配るようにしましょう。

■ポイント4)楽しめる内容にする
対戦ゲームは、勝ち負けにこだわりすぎて人間関係のトラブルに発展する可能性も考えられます。勝ち負けよりも、参加することへの楽しさや満足感を味わってもらえるような内容のゲームを行いましょう。レクリエーションなどで対戦ゲームを行う場合は、勝っても負けても仲間同士で気持ちを分かち合えるように、数人でグループになってチーム戦にするのがおすすめです。

まとめ


今回は、認知症予防への効果が期待できると言われているゲームについてご紹介しました。ただ頭を使うだけでなく、他の人とのコミュニケーションのきっかけや、身体を動かす機会が作れるなどたくさんのメリットがあります。最近では、スマホやタブレットで気軽にプレイできるゲームも多く、脳トレクイズなど脳の活性化につながるゲームも豊富です。どんなゲームも、何より楽しんで行うことが大切ですので、無理のない範囲で安全に配慮しながらゲームを楽しんで、認知症予防に取り組みましょう。

この記事の制作者 

フランスベッド メディカル営業推進部

当部は福祉用具業界動向や情報収集をはじめ、当社が福祉用具貸与業者として、在宅で生活される皆様に対して、福祉用具や住宅改修を通してより安心かつ安全に、日常生活を送っていただけるよう、現場の営業所や開発・生産部門と連携して独創的な商品やサービスを企画提案しております。
当社は1983年に日本で初めて療養ベッドのレンタルサービスをスタートさせて以来、環境に配慮し、皆様へやさしさのある暮らしを追求してまいりました。
その一環として、このホームページ内でも「介護する方、介護される方に役立つ」情報をお届けしてまいりたいと思っております。

お気軽にご相談ください

電話で相談する

受付時間:午前9時~午後5時45分

※日曜・祝祭日、夏期休暇、
年末年始を除く

メールで相談する

商品やサービスに関するご質問、
ご相談にお答えしています。

お問い合わせ

店舗・営業所で

商品やサービスに関するご質問、
ご相談にお答えしています。

営業所一覧

リハテックショップ
無料カタログ

まずはお気軽に資料請求を。
無料カタログをご送付致します。

お申し込み

ウェブカタログで見る