胃ろうの方の介護方法は?胃ろうのメリット・デメリットも解説

胃ろうとは何か?そのメリット・デメリットから胃ろうの方を介護する際のポイントや介護施設を選ぶときの注意点までを紹介します。

2021年5月27日

胃ろうとは

胃ろうとは

胃ろうとは、手術で腹部に小さな穴を開け、チューブを通し、直接胃に栄養を注入する医療措置のことをいいます。病気や加齢によって口から食事がとれなくなったときに、衰弱しないよう口以外から栄養を補給する方法のひとつです。胃ろうの手術は、PEG(Percutaneous Endoscopic Gastrostomy):経皮内視鏡的胃瘻造設術(けいひないしきょうてきいろうぞうせつじゅつ)と呼ばれる内視鏡を使用して行われます。比較的リスクが少ないと言われ、順調に進めば15分〜30分程度で終わります。入院期間は、術後の経過観察などによりますが、一般的には1〜2週間程度の短期間で済むことが多いです。

胃ろうの対象者

胃ろうの対象者は、身体機能の低下や重度の認知症などにより、口から食事をとることが難しい方となっています。食べ物をうまく飲み込めず、むせてしまう方は、誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)を引き起こす恐れがあります。このようなリスクを避けるために医師や介護者が胃ろうを推奨する場合があります。 胃ろうを行っても口から食事をとることはできますので、口から食べる練習を続けることが望ましいです。

―嚥下障害について、もっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください―
▶ 「嚥下障害とは?原因と症状を理解して、正しい対策を」


胃ろうは、健康状態が回復するまでの間、必要な栄養を補給するために行われるものです。しかし、本人の判断力や理解力が低下している状態で行われることが多いため、回復を目指した医療行為ではなく延命治療の一種だといわれることがあります。食事ができない方に手術をして栄養を与え続けることが、本人の意思に反する延命ではないかと、その是非が問われる場合もあります。ただ、胃ろうと併行して口から食べる練習を行っていた方が、再び口から食べられるようになった事例もあり、胃ろうが単なる延命治療であるとも言い切れません。胃ろうは、身体への負担が比較的少なく介護者の負担を減らすことにもつながります。本当に胃ろうが必要なのかと議論される中、家族が胃ろうを行うかの判断をすぐにするのは簡単ではありません。胃ろうのメリットとデメリットをしっかりと把握し、本人と家族が納得のいく選択をすることが大切です。可能な場合は本人の意思を事前に確認しておくとよいでしょう。

胃ろうのメリット・デメリットは?

(1)胃ろうのメリット

メリット1)不快感や負担が少ない

胃ろうは、チューブが鼻や喉を通らないため不快感や違和感、身体への負担が少ないのがメリットです。
胃ろう以外の栄養補給法のひとつとして、 鼻から胃までチューブを入れて栄養を送る経鼻胃管栄養があります。こちらは痛みや息苦しさなどの不快感を与えてしまい、身体への負担になります。

メリット2)カテーテルが抜けにくい

胃ろうは、腹部にあるのでカテーテルを自分で引き抜く心配が少なくなります。服を着れば見た目ではわからないので外出もしやすいです。
鼻から胃までチューブを通す経鼻胃管栄養の場合は、違和感や不快感を理由に自分で引き抜いてしまうことがあります。

メリット3)口から食事ができる

胃ろうは腹部に行います。喉や食道にカテーテルが通っていないので、口から食事ができます。再び口から食事を行うための嚥下訓練(えんげくんれん)もしやすくなります。

メリット4)入浴できる

胃ろうを造設しても、特別な処置をせずに普段通りに入浴することができます。皮膚トラブル予防のために、身体を清潔に保つことはとても重要です。入浴する際に、胃ろう部分をカバーするなどの手間がかからないので、介護者の負担軽減にもなります。

―入浴介助について、もっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください―
▶ 「入浴介助の手順と注意点を詳しく解説」

(2)胃ろうのデメリット

デメリット1)手術が必要

胃ろうの造設には、手術が必要になります。内視鏡を使って行う短時間の手術なので身体への負担は小さいですが、体に穴を開けるなど手術で身体に傷をつけることに抵抗を感じる方にはデメリットとなります。認知症の方は、カテーテルを自分で引き抜いてしまう場合もあります。一度カテーテルが抜けてしまうと、穴が一晩でふさがってしまい再手術の必要があります。

デメリット2)定期的なメンテナンスが必要

胃ろうは、定期的にカテーテルの交換を行う必要があります。交換する手間と費用がかかるため、不便に感じることもあります。カテーテルの種類により、バルーン型は1〜2ヶ月に1回、バンパー型は4〜6ヶ月に1回の交換が必要です。交換にかかる料金は、材料費と手技料を合わせて、バルーン型は約10,000円前後、バンパー型は約22,000円前後となります。1回あたりの料金で比較するとバンパー型が高くなりますが、交換頻度を考えると、結果的にはバンパー型の方が安くなります。カテーテルなどの使用する器具を清潔に保つことは大変重要ですから、適切な期間内に必ず新しいものに取り替えましょう。

デメリット3)誤嚥性肺炎のリスクがある

胃ろうは、誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)のリスクを減らすために有効ではあります。しかし唾液を誤嚥(ごえん)してしまうことや胃に注入された栄養剤が逆流して気管に入ってしまうことなどがあり、誤嚥(ごえん)のリスクがすべてゼロになるわけではありません。誤嚥(ごえん)を予防するためには、口腔ケアを徹底しておこない栄養剤の逆流を防ぐことが大切です。栄養剤を注入する前には姿勢を整えるようにしましょう。また、胃の中のものが逆流しやすい胃食道逆流症という症状が見られる方には、とろみのついた栄養剤を使用するなどの工夫も必要です。

デメリット4)口腔内が不潔になりやすい

胃ろうによる栄養補給で口から食べる機会が減ってしまうと、唾液の分泌が少なくなり口腔内が乾燥するため不潔になりやすいです。誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)は、自分の唾液が原因で引き起こされることもあります。口から食事をしていないことを理由に口腔ケアを怠ると、雑菌の混ざった唾液を誤嚥(ごえん)する恐れがあるので注意が必要です。

―口腔ケアについて、もっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください―
▶ 「口腔ケアとは?健康を維持するためのケア方法と目的を解説」

胃ろうのカテーテルの種類

胃ろうのカテーテルの種類には、体外部に使用するボタン型、チューブ型、胃の内部に使用するバルーン型、バンパー型があります。これらを組み合わせて使用する、「ボタン・バルーン型」「ボタン・バンパー型」「チューブ・バルーン型」「チューブ・バンパー型」の4つの種類があります。

体外部

(1)ボタン型

ボタン型は、体外にチューブが出ていないため、動作の邪魔になりにくく目立ちません。栄養剤が通るチューブの長さも短いため、内側が汚れにくくお手入れの負担軽減にもなるのがメリットです。逆流防止弁がついているのもボタン型の特徴のひとつです。デメリットとしては、栄養剤を注入するチューブの接続に手間がかかることでしょう。

(2) チューブ型

チューブ型のメリットは、栄養剤を注入するとき、チューブの接続がしやすいことです。デメリットは体外にチューブが出ているため、動作の邪魔になりやすく、自分で引き抜いてしまう恐れがあることとチューブの内側が汚れやすいことです。

胃内部

(1)バルーン型

バルーン型は、挿入後にバルーン内部に蒸留水を注入し、膨らませて固定します。カテーテルを交換するときに、バルーン内部の蒸留水を抜いて小さくするため、痛みを感じにくく、交換が容易であることがバルーン型のメリットです。バルーンが破裂してしまう恐れがあることや、1〜2ヶ月に1回は交換が必要になることがデメリットとなります。

(2)バンパー型

バンパー型は、胃の内壁にしっかりと固定するため、抜けにくいのがメリットです。交換頻度は約半年に1回と、バルーン型に比べて期間は長いですが、交換時に痛みや圧迫感を感じやすいのがデメリットです。

胃ろうの方を介護する際のポイント

胃ろうの方を介護する際のポイントを知り、よりよいケアが行えるように準備しておきましょう。

【ポイント1】姿勢を正す

口から食事をとるときと同様に、胃ろうを通して栄養剤を注入するときも、身体を起こして姿勢を正すことが大切です。正しい姿勢になっていないと、栄養剤が逆流してしまう恐れがあります。注入するときは上体を30〜45度以上起こし、無理のない姿勢に整えましょう。逆流防止のためにも、注入後は30分〜1時間程度を目安に上体を起こしたまま保っておくとよいでしょう。

【ポイント2】口腔ケアをしっかり行う

口から食べる機会が少なくなると、唾液の分泌が減り、口腔内の菌を減らす自浄作用がうまく機能しなくなります。口からは何も食べていないから大丈夫と口腔ケアを怠ると、口腔内で繁殖した菌が唾液やたんに絡んで気管に入り、気管支炎や誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)を引き起こす恐れがあります。口からの食事が難しい人は、嚥下機能(えんげきのう)や免疫力が低下していることが多く、肺炎などを発症しやくなります。症状が悪化すると、生命に関わる危険性もあるため、口腔ケアは念入りに行いましょう。

【ポイント3】胃ろう周りの皮膚トラブルに注意

胃ろう周りの皮膚が赤くなる、一部が腫れあがるなどの皮膚トラブルが起きることがあります。症状が悪化して膿が出ることもあります。異変があれば早めに医師に相談しましょう。皮膚とカテーテルの摩擦をできるだけ減らし、胃ろう周りを清潔にしておきましょう。胃ろうをしていても入浴はできます。石鹸を使ってきれいに洗い流し、入浴後はよく乾燥させて清潔な状態を保ちましょう。入浴ができない場合は、清拭(せいしき)を行なって体を清潔にしましょう。

―清拭について、もっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください―
▶ 「寝たきり高齢者の介護方法と介護者の負担を減らすポイントを解説」

【ポイント4】栄養剤は適したものを選ぶ

胃ろうに使われる栄養剤は、大きく半消化態栄養剤と消化態栄養剤の2種類に分けられます。半消化態栄養剤は、タンパク質がそのままの状態で含まれているため、消化の過程が必要になります。消化管機能が正常または軽度の障害がある場合に適しています。消化態栄養剤は、すでにタンパク質が分解された状態で含まれているので、消化の過程を必要としませんから、消化吸収能力が低下している方に適しています。

半消化態栄養剤、消化栄養剤ともに、水に溶かして使用する粉末タイプや、水に溶かさずそのまま使える液状タイプ、逆流防止に効果的と言われるゼリータイプがあります。カテーテルによっては使えないタイプもあるため、状態に合わせた適切な栄養剤を選ぶようにしましょう。

【ポイント5】使用する器具の衛生面に注意する

胃ろうに使用する器具の衛生面には注意しましょう。栄養剤は高カロリーのため、清潔にしておかないと雑菌が繁殖する原因になります。カテーテルなど胃ろうに関わる器具は、使用後しっかりと洗浄を行い、十分に乾燥させてホコリや菌がつかないところに保管しましょう。認知症の方の場合は、洗浄後の清潔な器具に手で触れてしまう可能性があります。触れる心配がない場所へ保管しましょう。新しいものに交換が必要な器具は、適切な交換期間内に取り替えましょう。

胃ろうの方が介護施設に入居する場合の
施設選びの注意点

在宅介護で胃ろうの方を介護するのは、介護者の負担も大きく、ストレスや体調を崩してしまうリスクもあります。在宅介護を続けることが難しくなったときは、介護施設の利用を検討しましょう。ケアマネジャーなどに相談して適切な施設を選びましょう。

注意点①胃ろうの方の入居は難しい場合もある

胃ろうは、医療行為のひとつですから誰でも介助できるわけではありません。しかし、医師や看護師しか扱えなかった胃ろうですが2012年の介護保険法の改正により、所定の研修を受けた介護職員であれば行えるようになりました。これによって、胃ろうの方の受け入れ可能なデイサービスや老人ホームは増えました。とはいえ資格を持っている介護職員がいない、看護師が24時間常駐していないなど受け入れ条件は各施設によって異なるため、施設への入居を断られてしまう場合もあります。胃ろうを使用していることを最初に伝えた上で介護施設選びをしましょう。

注意点②事前に施設の対応の体制を確認しましょう

介護施設を選ぶ際には、まず胃ろうに対応できる体制が整っているかどうかを確認しましょう。在宅介護の場合は、家族であれば胃ろうを扱うことができますが、施設の場合は、看護師や一定の研修を受けた介護職員でなければ対応できません。また、胃ろうの方は、嚥下機能(えんげきのう)の低下によって、たんを自力で吐き出せない場合もあるので、たん吸引も必要になります。たん吸引も医療行為のため、看護師や資格を持った介護職員しか行うことができません。そのまま放置すると誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)のリスクもあります。たん吸引への対応体制も事前に確認しましょう。他にも嚥下(えんげ)のリハビリを希望される方は、専門的なリハビリに対応しているか、どのようなリハビリを行っているか、リハビリによって改善した事例など実際に話を聞いてみるとよいでしょう。

認知症や精神疾患を発症している方の場合には、ベッドで安静にすることが難しく、胃に栄養が注入されているかの確認が難しくなります。動き回り栄養剤が逆流してしまう恐れもあるなど、目が離せなくなります。認知症や精神疾患を発症している方の場合でも対応してもらえる施設であるかどうか、しっかりと確認しましょう。

―たん吸引について、もっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください―
▶ 「吸引器を使用した たん吸引の手順は?おすすめの吸引器もご紹介」

お気軽にご相談ください

電話で相談する

受付時間:午前9時~午後5時45分

※日曜・祝祭日、夏期休暇、
年末年始を除く

メールで相談する

商品やサービスに関するご質問、
ご相談にお答えしています。

お問い合わせ

店舗・営業所で

商品やサービスに関するご質問、
ご相談にお答えしています。

営業所一覧

リハテックショップ
無料カタログ

まずはお気軽に資料請求を。
無料カタログをご送付致します。

お申し込み

ウェブカタログで見る