よくあるご質問

介護保険で利用できるサービスについて

Q.

在宅介護における福祉美容師とは

在宅介護を受ける高齢者の中には、身体が不自由でなかなか散髪に行けない方もいます。「髪を切ってスッキリしたい」、「ヘアメイクをしておしゃれを楽しみたい」という高齢者の要望を叶えるには、福祉美容師に依頼をするといいでしょう。今回は、福祉美容師の基本情報と依頼方法について詳しく紹介します。

【福祉美容師とは】

福祉美容師とは、主に高齢者や障がい者のように身体が不自由な方を対象とした美容師です。
福祉美容師になるためには、美容師の国家資格を取るほかに、NPOや厚生労働省認定の資格を保有することが必要です。
身体が不自由な方は、散髪をしたくても理髪店や美容院に足を運ぶのが難しいケースも少なくありません。そこで、高齢者や障がい者の自宅、または入居施設などに赴いて、ヘアカットやシャンプーなどを行うのが福祉美容師の役目です。散髪やスタイリングを行う点は一般的な美容師と同じですが、「出張して施術を行う」という違いがあります。
その特徴から、福祉美容師のことを「訪問美容師」や「出張美容師」と呼ぶケースもあります。高齢化社会が進む現代においては、社会的にもニーズが高まっている仕事です。美容師の中には、介護や介助の技術を学んで福祉美容師として働く方も少なくありません。

【福祉美容師を利用できる人とは】

前提として、福祉美容師は誰でも依頼できるわけではなく、サービスの利用には一定の条件があることを憶えておきましょう。
<福祉美容師を利用できる条件>

  • 疾病や寝たきりの理由で理容所や美容所に行けない人
  • 社会福祉施設に入居されている人
  • 理容所や美容所のない地域に住んでいる人など
上記のように、特別な事情がある人の場合に限り、美容師が出張をする形で散髪やスタイリングを行うことが認められています。これは理容師法により、散髪や美容の施術を行うのが「保健所の確認を受けた理容所・美容所」に限られるためです。そのため、特別な事情のない健康な人は、福祉美容師を利用できないのです。

【福祉美容師に出張を依頼する方法は?】

福祉美容師は、出張サービスを扱っている美容室やNPO法人に依頼をする形で利用します。福祉美容師に場所や時間、施術を受ける人の身体状況などを伝えて、出張が行われる流れです。このほか、デイサービスや老人ホームのような介護サービス事業所では、福祉美容師と提携しているケースも多く、紹介という形で出張を依頼することも可能です。
美容室や事業所ごとにサービス内容は異なりますが、一般的な美容院と同じようにカットやパーマ、シャンプーなどを依頼できます。カットやパーマに使用する道具や設備は、福祉美容師がすべて準備してくれるので、自宅でも美容室と変わらない施術を受けることができます。ちなみに、福祉美容師の出張は、主に高齢者や障がい者の人が利用するサービスですが、介護保険サービスには該当しません。そのため料金を支払う際に介護保険を利用できず、全額自己負担となります。

【福祉美容師の利用料金は?】

サービスの内容がそれぞれで異なるように、福祉美容師の利用料金は美容室や事業所ごとに異なります。サービスの料金そのものは通常な美容院とそこまで代わりありませんが、福利美容師は高齢者の自宅や入居施設に出張する業務形態なので、料金に出張費が上乗せされるケースもしばしばです。まずは事業所などに確認をしてみましょう。
一部地方自治体によっては、福祉サービスの一環で「福利美容師に出張を利用できるチケット」などを配布している地域もあります。期間や回数に制限こそありますが、チケットを利用すれば無料で福利美容師に出張を依頼することも可能です。
最後に、福祉美容師は自身で依頼をすることもできますが、ケアマネージャーに相談をすることで、最適な美容室や事業所を紹介してくれます。もしも、在宅介護を利用している方で「福祉美容師にカットやパーマを依頼したい」と考えている場合は、担当しているケアマネージャーの方に相談してみるのも良いでしょう。

2020.07.21