介護ベッドの知りたいこと。-介護ベッドを便利に安心に使うために-

1

介護ベッドとは

介護ベッドは特殊寝台ともいわれ、簡単にいうと介護される方の負担を軽くするための
ベッドです。自分で体を起こすことが難しい方が起き上がるとき、
立ち上がるときの補助やサポートを行います。

電動タイプではベッドの上下や角度を変えることで介護される方(被介護者)の
サポートだけでなく、介護する方(介護者)の負担を軽減するためのベッドも増えています。

介護ベッドの定義としてはサイドレールが取り付けてあるもの、または取り付け可能なもので、
背部又は脚部の傾斜角度が調整できる機能、
または床板の高さが無段階に調整できる機能があるものとされています。

2

介護ベッドを使うメリットって何?

介護される方(被介護者)のメリットは・・・

  1. ①介護ベッドのサポートにより起き上がり、立ち上がりがしやすくなります。これによってベッドから降りたり、車いすへ移乗することもラクになります。
  2. ②背上げ機能、脚上げ機能によって、上体を起こすことができます。自ら体を動かせない方の血流をよくしたり、床ずれを防ぐことができます。ずっと同じ姿勢で寝たきりになってしまうことも防ぎます。

介護する方(介護者)のメリットは・・・

  1. ①介護ベッドが上下し、高さ調節ができることで介護する方(介護者)はラクな姿勢で作業を行え負担を軽減できます。例えばベッドから移乗させるときの支援やおむつ交換、食事介助の際の腰への負担を少なくします。
  2. ②背上げ、高さ調整などで介護する方(介護者)と介護される方(被介護者)が同じ目線で話すことができ疲れを感じにくくなります。

介護する方(介護者)にかかる負担が少なくなることによって
介護される方(被介護者)の精神的な負担を軽くするという
身体に関することだけではないメリットもあります。

3

介護ベッドの機能-介護ベッドってどんな機能があるの?-

介護ベッドには「背上げ」「脚上げ」「高さ調節」の大きく3つの機能があります。
それぞれの機能が介護される方(被介護者)、介護する方(介護者)の負担を軽減します。

背上げ機能背もたれの高さを好きな位置まで
上げられる機能

背上げ機能
  • 背もたれが上がり、上体を起こすことで、起き上がりを補助します。
  • 上体を起こした姿勢になるため読書やテレビなどを見やすくなります。また座った状態で食事をすることでのどにつまりにくくなります。
  • 背上げすることで介護される方(被介護者)がベッドから起き上がるとき余計な力をいれずに立ち上がることができます。
  • 寝たきりの方は背を上げることで視野が広がります。

背上げと同時に脚上げができる商品もあります。

脚上げ機能ベッドの脚の部分を上げる機能

脚上げ機能
  • 背上げした状態のときに、脚を上げることで身体が脚側へズレるのを防ぎます。
  • 背上げと脚上げを別々に交互に行うことができます。
  • 長時間ベッドに同じ姿勢でいると血流が悪くなります。脚上げ機能で足のむくみを予防します。

背上げと同時に脚上げができる商品もあります。

高さ調節機能ベッドの高さを立ち上がりやすい
位置に調節する機能

高さ調節機能
  • 床板の高さを調節することで、介護される方(被介護者) がラクに立ち上がることができます。
  • ベッドの端に座る際に足が付く位置に調節できるので、座った時の姿勢が安定します。
  • 車いすなどに移乗するとき、移乗先の高さに合わせることができるので、動作がラクになります。
  • 寝るときの床板の高さを低く設定することで、万が一のときの不安をやわらげることができます。
  • 介護する方(介護者)の背の高さに応じて床板の高さを調整して移乗させることができるので、腰への負担が軽減されます。
4

介護ベッドの種類-モーターによって何が違うの?-

介護ベッドは、モータの数によってベッドの機能がかわります。目的にあわせて選ぶ必要があります。
少し複雑な部分もありますがどのような違いがあるのか理解していきましょう。

1モーターの介護ベッド

1モーターの介護ベッドの中でも、どの部分を動かすかによっていくつかのタイプがあります。

●背上げ
介護ベッドの背上げ調整ができます。

●背上げ・脚上げ連動
背上げと脚上げを連動して調整できます。

●高さ調節
介護ベッドの高さ調整ができます。

2モーターの介護ベッド

2モーターにも動き方によってタイプがあります。

●背上げ+高さ調節

●背上げ・脚上げ連動+高さ調節

3モーターの介護ベッド

3つのモーターによって、背上げ、高さ調節、脚上げの3つの機能をそれぞれ別々に細かく行うことができる介護ベッド。

4モーターの介護ベッド

3つのモーターによって、背上げ、高さ調節、脚上げの3つの機能に加えて、もうひとつのモーターで左右に傾き寝返りの際の体位変換を補助する機能がついているタイプの介護ベッド。タイマー設定で自動で寝返りを支援する介護ベッドなどもあります。

背上げ
背上げ
脚上げ
脚上げ
背上げ・脚上げ連動
背上げ・脚上げ連動
高さ調節
高さ調節
5

介護ベッドを選ぶには-どんなことに気をつけて介護ベッド選べばいいの?-

介護ベッドを選ぶとき、機能、モーター数など以外にも
上手に選ぶために知っておきたいことをご紹介します。

介護ベッドの幅・大きさ

使用される方の体格、使用される場所の広さを考えて、介護ベッドの幅、長さを選ぶ必要があります。またベッドを設置するときは機能にもよりますが、通常壁にぴったりとつけて設置せずに5cm~10cm以上壁から離します。そのことも考慮しましょう。

  • ●スーパーショートサイズの介護ベッド

    幅85㎝×長さ169㎝

    介護される方(被介護者)の身長が150㎝未満。小柄な方に最適。マンション、団地のお部屋でもスペースの有効活用が可能。

  • ●ショートサイズの介護ベッド

    幅85cm×長さ181㎝または幅91cm×長さ181㎝

    接近して介護がしやすい。介護される方(被介護者)の身長が150㎝~160㎝未満の場合におすすめ。
    あまり広くない部屋でも起きやすいサイズの介護ベッド。

  • ●レギュラーサイズの介護ベッド

    幅91㎝×長さ195㎝または幅97㎝×長さ195㎝

    接近して介護がしやすい。介護される方(被介護者)の身長が155㎝以上175㎝未満の場合におすすめ。
    ゆったりした広さの場所でゆったりと介護できるサイズの介護ベッド。

  • ●ロングサイズの介護ベッド

    幅91cm×長さ209cm

    介護される方(被介護者)の身長が170cm以上。大柄な方でもゆったりと過ごせ、寝返りもできるサイズの介護ベッド。

スーパーショートサイズとショートサイズレギュラーサイズとロングサイズ

介護ベッドの安全性

介護される方(被介護者)が使用することから安全性の高い介護ベッドを選ぶことが最も大切です。
最新の「在宅用電動介護ベッド」のJIS規格に適合していることは、安全性との高さの基準となります。
介護ベッド自体の強度やかたちは、JIS規格により細かく定められていますので、JIS規格が表示されている介護ベッドを選びましょう。
しかし、実際に起こっている介護ベッドの事故をみると誤った使用による事故が少なくないことがわかっています。使用の際に介護される方(被介護者)、介護する方(介護者)の両方が正しい使用を心がけることも介護ベッドの安全性に重要です。

介護ベッドの付属品

介護ベッドには必要な付属品があります。何が必要かは介護される方(被介護者)の身体の状態によって変わりますので確認しておきましょう。

  • ●サイドレール

    介護ベッドの側面に取り付けます。介護される方(被介護者)がベッドから転落するのを防ぐことができます。

  • ●介護ベッド用手すり

    介護ベッドの側面に取り付け、起き上がるとき、立ち上がるとき、座るときなどの支えとなります。

  • ●ベッド用テーブル

    介護ベッドの上で食事や読書などをするときに使用します。
    サイドレールに乗せるタイプやキャスター付きで門型にベッドを囲むタイプ、L字型の脚をベッドに差し込むタイプがあります。

  • ●移乗用ボード(スライディングボード)

    介護ベッドと車いすの間に置き、介護される方(被介護者)が座ったままボードの上を移乗することができます。
    介護される方(被介護者)を持ち上げなくてよいので、介護する方(介護者)の負担を軽減できます。

マットレス

介護ベッドのマットレス。介護される方(被介護者)の身体の状態に合わせて、素材や硬さなどを選びましょう。
寝返りがしやすいのは硬めのマットレス。床ずれがある場合は体圧分散の良いものを選びましょう。
硬さ以外には、撥水加工や抗菌加工の有無、通気性、丸洗いが可能かどうかというところも選ぶ基準となります。
また、マットレスの厚さも確認する必要があります。エアマットレスをご使用の場合は、マットレスと合わせた厚さが19㎝以下となるようにしてください。

その他の機能をチェック

上記以外にも介護ベッドには様々な機能があります。用途や状態に合わせて必要な機能を選択しましょう。

  • ●停電時の対応

    停電時は電動ベッドが動かせなくなります。緊急対応の可能な介護ベッドであれば手動で背上げ、脚上げを水平に戻すことができます。

  • ●ハイロ―ストローク

    いちばん高い位置と低い位置のストローク。移乗のしやすさ、安全性などに影響します。

  • ●サイドアップ機能

    体幹を保持することができるから座位が安定し、介護ベッドからの転落を防げます。

  • ●角度表示

    リモコンで角度・高さなどを設定し角度を選択することができます。

6

介護ベッドの課税、非課税について

同じ介護ベッドでも、購入の仕方によっては
非課税になる場合と課税になる場合があります。

介護ベッドが非課税となる要件

介護ベッド頭部及び脚部の傾斜角度が調節できる機能を有するものは、消費税法により下記の要件をすべて満たす場合、非課税となります。

  1. 1.本体の側板の外縁と側板の外縁との幅が100cm 以下であること。
  2. 2.サイドレールが取付けてあるもの又は取り付け可能であること。
  3. 3.キャスターを装着していないこと。

介護ベッド付属品購入の仕方による課税、非課税の違い

マットレス1本とサイドレール2組(4本)までは、非課税のベッドとセットでご購入される場合は非課税となります。ただし介護ベッドご購入後の付属品の追加、または単品で購入される場合や課税ベッドとセットでご購入される場合は課税扱いとなります。

7

介護ベッドのレンタル、購入について

介護ベッドはレンタル、もしくは購入することで利用することができます。
レンタルの場合は一般レンタルと介護保険を使ったレンタルの2つの方法があります。購入する場合は、現時点では助成金等はありませんので全額自己負担となります。

一般レンタル

一般レンタルの場合、月額一定の料金を支払い介護ベッドを利用することができます。
介護保険制度の認定をお受けになっていない方、ケガなどで一時的な期間だけ使用したい方におすすめです。レンタルでの使用ですから 症状や状況の変化の際に商品の変更などにも柔軟に対応することができます。月単位での契約のため必要なくなれば返却することも可能です。
全額自己負担となり金額は機種によって異なりますが、約8,000円~13,000円(月額)程度となります。

介護保険を使ったレンタル

介護保険制度の認定をお受けになっている方であれば要介護度によって介護ベッドのレンタル対象となる場合があります。原則、要介護度2以上の介護保険の加入者であれば一般の月額レンタル代金の1~3割(割合は所得によって変わります。)の自己負担でレンタルできます。

購入

新品を気持ちよくお使いいただきたい方にはご購入しての利用も可能です。
ただし、現時点で助成金等の補助はありませんので全額自己負担となります。
介護ベッドは特別な電動機能などを搭載していますので、購入する場合の金額は10万円以上する場合がほとんどです。

8

介護保険でレンタルする場合の流れ

レンタルサービスの利用方法

レンタルサービスを利用するときは、ケアマネージャーまたは地域包括支援センターに相談しケアプランを作成し、
福祉用具貸与事業者を選定します。福祉用具専門相談員が利用者のご自宅を訪問し、用具を選定・提案します。
その後用具を決定、利用者と福祉用具貸与事業者が契約します。次に事業者が用具を納品し、利用者の適合状況を確認
レンタルサービスがはじまります。レンタル後も福祉用具専門相談員による定期的なメンテナンス及びアフターサービス
(用具の変更も可能)は行われます。

  1. [1]ご相談・福祉用具の選定

    ケアマネジャーor地域包括支援センターに相談
    ケアプランを作成し、福祉用具貸与事業者を選定
  2. [2]お申し込み・ご契約

    福祉用具専門相談員が利用者のご自宅を訪問し、用具を選定・提案
    用具を決定、利用者と福祉用具貸与事業者が契約
  3. [3]お届け・レンタル開始

    事業者が用具を納品し、利用者の適合状況を確認
    レンタル・サービス開始
    福祉用具専門相談員による定期的なメンテナンス及びアフターサービス
    (用具の変更も可能)
9

フランスベッドの介護ベッド

1983年フランスベッドは日本ではじめて福祉用具のレンタルをはじめました。
そのきっかけが「介護ベッド」でした。
「介護ベッドを使っていた母が亡くなったので、使用していたベッドを引き取って欲しい」、というお客様からの相談をきっかけに「必要な期間だけレンタルする」という今では当たり前になった福祉用具のレンタルを介護保険制度が始まる20年以上も前からスタートさせていました。またその後、介護保険で福祉用具をレンタルできる環境をつくったのもフランスベッドです。ベッドメーカーのパイオニアとして培われた長年の実績をもとにフランスベッドの介護ベッドは作られています。

フランスベッドがおすすめする介護ベッド