フランスベッド
超低床フロアーベッド
昼は高く、夜は低く「超低床フロアーベッド」

介護する方と介護される方、両方の負担を軽減する安心・安全なベッドです。


この低さを、ぜひご覧ください。


1. 通常の介護ベッドと、同じようにお使いいただけます。2. ベッドが不安な方も、お使いいただけます。3. 就寝時の転落の心配などを無くし、ご家族の方などにも安心していただけます。

高い位置で

研作さん 高い位置

超低床フロアーベッド 高い位置 日中の乗降りや介護の際、また、車椅子への移乗を行う時は高い位置で。

低い位置で

研作さん 低い位置

超低床フロアーベッド 低い位置 おやすみになられる時や、ベッドへの上がり下がりが大変だという時は低い位置で。

高さ18cmで一旦停止

足下のスイッチで操作

11cmの超低床

高さ61cm〜11cmまで調節可能なので、様々な状況にあわせてお使いいただけます。ベッドを下げる際には、高さ18cmで一旦停止しますので安全確認後、足下にあるスイッチで操作することにより足の挟まりなどの思わぬ事故を防ぎます。

研作です。
フランスベッド研究開発部員 研作さん: お客様一人ひとりの声に耳を傾けて、一人ひとりの「安心」と「快適」を常に考え開発力と技術力で解決しようとする、心優しく研究心あふれる青年。時には寝ないで、「いや、寝ながら考えます!」

ご家族・介助者の声

70代女性 すべり症・認知症
本人のベッド拒否が強かったのですが、高さを下げれば布団とさほど変わらず、すぐに慣れて落ち着いてくれたので、精神面でも助かりました。
70代女性 胆管がん・認知症
以前は夫婦で布団に寝ていたため、患ってからは隣で寝られないことでさらに不安になっていました。このベッドを使うようになってから、今までどおり同じ目線で寝られるようになったので、毎晩安心しています。
80代女性 左大腿骨骨折・アルツハイマー
発症当初は柵を乗り越えたりして、ベッドからの転落がたびたびありました。このベッドなら床まで低くしておけばケガのリスクを最小限に抑えることができ、介助する時は腰の位置まで高さを戻すことができるので、とても助かります。

ご本人の声

80代女性 右大腿部頸部骨折・全盲
入院前は布団で生活していましたが、退院後、寝起きにベッドが必要となりました。全盲のため、夜間就寝時は床までベッドを低くすることで不安なく生活できています。
80代女性 リウマチ
室内をはって移動するときに1 人でベッドに上がれないため、床まで低くなるベッドを希望しました。1 人でもベッドに上がれるので、とても便利です。
70代女性 糖尿病・右下肢切断
新たに義足をつけることになり、転倒してしまうと自力でイスやベッドに上がることができなくて不安でした。このベッドを入れてから“転倒・転落したとしても、自力でなんとかなる環境” になったことが心強いです。

TVCM「この低さです」篇: 超低床フロアーベッドのTVCMをご紹介します

15sec

30sec

展示場所・商品についてのお問い合わせ

個人向けレンタルに
ついて