• Home
  • お知らせ
  • AI搭載視覚支援ウェアラブルデバイス「OrCam(オーカム)」 リオネル・メッシ選手が、オーカムテクノロジーズのグローバルアンバサダーに就任

AI搭載視覚支援ウェアラブルデバイス「OrCam(オーカム)」 リオネル・メッシ選手が、オーカムテクノロジーズのグローバルアンバサダーに就任

当社が取り扱いしているAI視覚支援機器「オーカムマイリーダー2」「オーカム マイアイ2」は、イスラエルのオーカムテクノロジーズが発売した眼鏡につけるだけで文字や色を読み上げてくれるAI視覚支援デバイスです。
目が見えない・見えにくい方への視覚支援機器として、可能性の広がる商品となっております。
2020年9月、リオネル・メッシ選手がオーカムテクノロジーズ社のグローバルアンバサダーに就任することが発表されました。


メッシ選手は、オーカムテクノロジーズ社を通じて「世界中から集まった、視覚障がいを抱えながらも前向きに行動する素晴らしい方々に会えた時は、それはまさに夢のような感動的な瞬間でした。
「OrCam Dream Team」プロジェクトのメンバーの一人ひとりがオーカムマイアイを装着しているのを見たとき、これが間違いなく彼らの人生を変えるデバイスになると確信しました。
オーカムテクノロジーズのアンバサダーとして、目の不自由な多くの方々の人生に変化をもたらすことができることを誇りに思います」とコメント。

2020年9月10日に日本で行われたプレスカンファレンスには、日本障がい者サッカー連盟会長を務める元日本代表MF北澤豪氏と日本ブラインドサッカー協会の専務理事兼事務局長の松崎英吾氏、加藤健人選手が参加。
北澤氏はトークセッションで、「誰もが知り、たくさんの人に夢を与えてきたメッシとのパートナーシップというのは、世界中への発信力という面で大きい」などと語りました。
「OrCam Dream Team」プロジェクトでは様々な障害をもつ人にとって、テクノロジーのもたらすソリューションがもっと身近なものになるとともに、世界中の視覚障がいを持つ人々やコミュニティーが直面している問題について、広く一般に知ってもらうことを目的としています。
日本からは、オーカムテクノロジーズとソーシャルテクノロジーパートナーとしてパートナーシップを締結した、ブラインドサッカー男子日本代表強化指定選手の加藤健人さんも「OrCam Dream Team」のメンバーとして本プロジェクトに参画。
スペイン・バルセロナでメッシ選手と面会し、直接メッシ選手よりオーカム マイアイ2を進呈されました。

【商品について】
 活字を読み上げてくれる「オーカム マイリーダー2
 https://medical.francebed.co.jp/kaigoyouhinonline/item/201143061.html

 活字と色や人物の性別などを読み上げてくれる「オーカム マイアイ2
 https://medical.francebed.co.jp/kaigoyouhinonline/item/201143060.html

オーカムは視覚障害者の「目」になります。
全国のリハテックショップにメッシ選手のポスターやカタログを設置。
オーカムという商品も広く一般の方に知って頂く機会になることを期待します。
フランスベッドの全国のメディカル営業所で取り扱い可能です。
お試しご希望もお気軽にご相談ください。

お気軽にご相談ください

電話で相談する

受付時間:午前9時~午後5時45分

※日曜・祝祭日、夏期休暇、年末年始を除く

メールで相談する

商品やサービスに関するご質問、
ご相談にお答えしています。

お問い合わせ

店舗・営業所で

商品やサービスに関するご質問、
ご相談にお答えしています。

営業所一覧

リハテックショップ
無料カタログ

まずはお気軽に資料請求を。
無料カタログをご送付致します。

お申し込み

ウェブカタログで見る